カラーリングにこだわって選ぶシェードカーテン

心理効果も発揮する色!シェードカーテンの口コミも紹介

カラーリングにこだわって選ぶシェードカーテン

内観

赤やピンク

暖色系の色である赤やピンクのシェードカーテンを利用する人もいるでしょう。興奮作用がある赤はアクセントとして活用するのが適切です。ピンクは女性に癒しを与えてくれる色とされています。寝室のカーテンをピンクにすると良いでしょう。

黄色やオレンジ

明るい印象を与え、気分を向上させる色が黄色です。カーテンの場合は、淡い黄色を使うのが一般的でしょう。オレンジにも黄色と似たような心理効果があります。また、食欲を増進させたりしますので、キッチンやリビングなどに適したカラーです。

グリーン系

落ち着いた雰囲気を出したいのであれば、グリーン系のカーテンを活用すると良いでしょう。リラックスできる部屋を作ることができます。普段から目に入りやすいカーテンをグリーン系のカラーにすると、より高いリラックス効果が得られるでしょう。

ブルー系

知的で大人っぽい印象を与えるのは、ブルー系のカラーです。精神面を落ち着かせることができ、集中力も高まります。このような心理効果から、書斎などに活用されているのです。シェードカーテンをブルー系にすると、クールな部屋を作ることができます。

シェードカーテンの口コミ

これ一つで変わる【20代男性】

元々シンプルな部屋だったというのもあるのでが、カーテンを付けるだけで大分印象が変わりましたね。僕はブルー系を選んだのですが、シンプルな部屋にはピッタリです。

落ち着ける部屋に【10代女性】

ゆっくりとリラックスできる部屋を作りたくて、ピンクのシェードカーテンを取り付けました。部屋全体が柔らかい雰囲気になって、落ち着いて過ごすことができるようになりましたね。

気分が上がる【30代男性】

黄色いカーテンを取り付けてから、気分が下がることも少なくなりましたね。テンションもいつもより高めになって、朝から活発に行動できるようになりましたよ。

広告募集中